不倫の末の離婚の後悔

結婚し子供も産まれると、夫婦間の関係も母親と父親に変化してしまいます。
母親ではなく女性として愛されたいと思った時に素敵な男性に会ってしまうと、自然のうちに不倫関係に発展してしまうケースもあります。
ただし不倫の先には、離婚という最悪の結果が待っているかもしれません。
今回は不倫の末の離婚の結果、どのような後悔に苦しむのか書いてみたいと思います。

 

高額な慰謝料

不倫の事実が夫に知られたとき、離婚を回避できるケースはあまり多くありません。

 

男性は一般的に独占欲が強いため、妻の不倫の事実を知った時には徹底的に追いつめられることになります。

 

離婚になった時にも、精神的な苦痛を受けたとして慰謝料を請求されることになります。

 

また、不倫相手が既婚者だった場合には、相手の奥様からも慰謝料を請求され、高額な慰謝料を払う必要が出てくるのです。

 

今まで専業主婦として暮らしてきた場合には、経済的な基盤がないため金銭的な苦境に立たされることになります。

 

 

子供と一緒に暮らせなくなる

離婚したとき、ほとんどは妻に親権が渡ると言われています。
ただし、場合によっては夫側に親権が渡るケースも存在するのです。

 

特に不倫相手に夢中になるあまり子供を顧みなかった方や、専業主婦で毎月の収入が見込めない方は、夫側に親権が渡ることも覚悟しなければなりません。

 

親権が渡ると今までのように子供と一緒に暮らせなくなりますし、その成長を見守ることもできなくなります。

 

 

再婚の障害になることも

自分の不倫で離婚になった時、多くの方はもう二度と不倫はするまい、今度こそ幸せになろうと、気持ちを新たにすることでしょう。

 

真摯な姿勢で生活を送っていれば新たな恋を経験するかもしれません。

 

ただし、新しい恋人との再婚を夢見たときに、不倫の事実が重くのしかかることもあるのです。

 

不倫をしていた時、その事実は多くの友人知人に知られることになります。

 

つまり、自分は忘れたつもりになっていても、不倫をしたことは消せない事実として残るわけです。

 

友人や知人に再婚相手を紹介したとき、以前の不倫について告げ口をする人間もいるかもしれません。

 

例え周りからばれなくても、再婚相手の家柄や家庭の方針によって、興信所で結婚調査をされる可能性もあるのです。

 

その結果、不倫の事実がばれ再婚の夢も淡く崩れ去ってしまうのです。

 

 

終わりに

 

不倫をしているときには相手の男性に夢中になり、自分の今後について考える余裕もないでしょう。

 

ただし不倫が終わり離婚になった時には、自分らしく生きることも人並みの幸せを求めること難しくなってしまいます。

 

今現在不倫中の方は、これらの後悔についてしっかりと心に刻んでください。

 

 

どうしても不倫相手への気持ちが抑えられない方に

不倫占いなら、不倫の悩みをバッチリ聞いてもらえます!

不倫占いは、プロの占い師があなただけのために解決方法を導き出します。

 

不倫専門占い師があなたの運命に光を差し込ませてくれます!

誰にも言えない悩みなら

守秘義務がカンペキの第三者の占い師の先生におまかせしてみては?

 

>無料キャンペーン豊富な信頼できる不倫占いをまとめてみました♪

是非参考にしてみてくださいね☆

 

▽不倫占いとは・・・?▽

不倫体験談